人気の不用品回収業者は

人気の不用品回収業者ってどこなんでしょう。良いにつけ悪いにつけ、人気の業者を探ってみましょう!
比較サイトの順位です。信用してみることにしましょう!

1位はクリーンクルー
クリーンクルーの特徴
 ☑個人の不用品の依頼は不可
 ☑どこよりも安く回収
 ☑何でも、確実に回収

2位はskitto!(スキット)
サービスについて
 ◎不用品・粗大ゴミ回収対応
 ◎訪問回収OK
 ◎フルサービス(搬出・梱包・積込・分別)対応

3位はクリーンスマイル
クリーンスマイルの特徴
 ☑不用品ひとつからでもお手伝い
 ☑分別や取り外しもお任せ
 ☑一軒丸ごと、倉庫、ガレージなど何でも

4位はエコライフ
大阪の不用品回収ならエコライフの特徴
 ☑素早い電話応対
 ☑最短明瞭見積
 ☑安心丁寧で早い

不用品回収業者選びで失敗はしたくない!?

不用品の回収を頼む時に、当然のように業者を選ばなくてはいけませんが、その業者を選んだばかりに、あとで痛い目に合うのだけは、ぜひとも避けたいところです。その目安になる方法が下記に書かれています。絶対に参考にしたい内容です!

絶対に失敗たくない人のための 正しい業者選び方とは?

業者選びは難しい?
 不用品回収を頻繁に依頼する方はほとんどいないと思います。いざ業者を選ぶ段階になってネット検索で探すと、どこも良さそうなことが書いてあります。「業界最安値」、「即日対応」、「安心のサービス」、「パック料金でお得」や「どこよりも安い料金プラン」、「無料回収」など魅力的なフレーズが並んでいます。料金例やお客様アンケートなどが掲載されている場合もあります。
 しかし、それらを見て、自分のケースではいくらかかるのかわかる人は少ないでしょう。どんな対応をしてくれるのか、どんな感じの人が来るのかも想像しにくいと思います。そこで、業者の選び方について、書ける範囲で書きたいと思います。

良い業者とは何か?をはっきりさせることが重要
 良い業者とは何か、実は人や状況によって異なる場合があります。例えば、敷地内から外に置いたものを回収してもらう時に、賠償責任保険加入といわれてもピンとこないと思います。こういった保険は、主に室内でのトラブルに備えたものだからです。女性で一人暮らしの方などであれば、安心できる相手であることが重要であったりすることもありますが、そんなことは関係ないという人もいます。2tトラック1台で回収してほしいのに2tトラックを持っていない業者だと求める業者ではなくなります。価格は安いに越したことはないと思いますが、価格以外の点や条件についてどの程度重きを置くか、ということを考えておくことが大切です。そして、価格とそのバランスが良い業者を探すとよいでしょう。

ホームページやチラシで業者の良し悪しはわかる?
 まず、不用品回収業者のホームページだけで良し悪しの判断をつけるのはかなり難しいと思います。ホームページがキレイだから良いとか、そうでないといったことでは判断できません。ましてや料金体系を見たところで、どこが結果的に一番安いのか、対応がちゃんとしているかなどはわからないからです。
 よく言われていることで、チラシで不用品を回収しますという宣伝をやっている業者は料金が高いという話があります。恐らくその理由は、チラシでの広告にはネットの数倍のコストがかかると言われているためだと思われます。

業者選びを失敗すると、、、。
 まず、代表的なのが高い料金で頼んでしまうというものです。しっかり探せばもっと安くできたのに、ということはあるようです。大きなトラブルが起きることは少ないと思いますが、業者とのトラブルで嫌な思いをしたりする可能性はあります。例えば、近隣とうまくやってほしいのに、業者が上手く対応しないどころか、近隣住人とトラブルになったといったこともあるようです。また、作業が終わった段階で追加料金を請求されるということもあります。作業が予定通り終わらなかったというトラブルもあります。スッキリしたいのに逆に嫌な気持ちになるなんていうことがないように、業者はしっかりと選びたいところです。

業者の選び方 その① きちんと情報公開をしている業者を選ぶ
 情報公開のポイントですが、住所がはっきりしている業者を選ぶと良いと思います。中には記載されている住所をgooglemapで探すと、駐車場だったりすることもあります。住所をきちんと載せない業者を信用できますか?
 ちなみにゴミナビでは住所の記載のない業者は掲載していません。また、ホームページに産廃の収集運搬許可番号の記載があるが、実際に調べると該当する番号がない場合などもあります。そのような業者は避けた方がよいかもしれません。ゴミナビでは業者の詳細ページの許可番号をクリックすると、環境省のデータベースに登録されている情報を確認することができます。

業者の選び方 その② 料金体系をじっくり確認する
 不用品回収を依頼する場合の料金体系は、各社バラバラというのが実情です。定額パック料金などがある業者は、それで内容や料金の比較ができるかもしれません。1点単位での料金なのか、重量なのか、体積なのかそのあたりをイメージできる業者を探した方が良いかもしれません。

業者の選び方 その③ 電話で料金説明や概算を伝えてくれる業者を選ぶ
 ここからは問い合わせをした際、料金説明をしたがらない業者は相手を見て価格を決めてくる可能性があります。それが必ず高いとは限りませんが、交渉などが得意でない方は問い合わせの時点で価格のイメージができる業者が良いかと思います。もちろん、量が多いと電話では料金がわからないこともありますので、2、3点の具体的な物品を伝えて、それだったらいくらか?といったことを聞いてヒントにしてみるのも手です。

業者の選び方 その④ 大手?小規模の業者どっちがいいの?
 これについては、一概には言えません。どちらにもメリットとデメリットがあります。1つ言えるのは、大手だからといって安く回収できるとか安心だろうということも必ずしも言えません。小規模の業者は小回りがきいて安い場合があったりする一方、対応がバラつきがあったりといったこともあるようです。大手は車両の台数や人員が多いので、期限が差し迫っている場合などに対応してもらえる確率が高いかもしれません。

見積後の選び方 ①きちんと見積する業者を選ぶ
 見積でちゃんと回収物を確認しない業者は避けた方が良いかもしれません。例えば2tトラック2台以上の量があるのに、3分とかで見積が終わる、確認が終わるなどのケースはきちんと確認ができていない可能性があります。 業者も車両や人の手配が必要であったり、処分コストがかかるからこそ、真剣に物品を確認するものです。それが適当というのは、処分費用を考えていないか、経験が浅いか、ちょっと見た感じで「問題はないだろう」と簡単に考えているか、といったことが考えられます。見積の目算が狂った時に、依頼者に追加の費用を請求するなんていう業者はちょっと選びたくないですよね。

見積後の選び方 ②見積書を発行してくれる業者を選ぶ
 見積の際に、依頼内容や金額を記載した見積書を発行してもらえれば、契約の証明となります。よって、見積書を発行してくれる業者の方が安心できると思います。後になって、料金に含まれていないなどのトラブルを避けるためにも、見積書にも細かな内容を記載している業者の方が安心できると思います。

見積後の選び方 ③追加料金などの確認をしてみる
 見積で出た金額が最終的に支払う金額とは限りません。作業が終わった後に追加請求をされたといったようなケースもありますので、見積の際にどういったことがある場合に追加料金となるのかを確認して、安心できる業者を見つけると良いと思います。中には、物が多すぎで全てのものを確認できないケースなどもあります。そういった場合は、出てきたものによって追加料金を支払う前提に依頼することもありますので、よく条件を確認すると良いと思います。

不用品回収の料金を安くするコツはあるのか!?

不用品回収と言えば、よく無料回収だから得とか、ぼったくられたとか、料金のトラブルもあるような話を聞くけど、実際のところはどうなのか、気になります。下記を参考にするとよさそうです。

不用品回収の料金を安くするコツ

不用品回収の料金の仕組み
誰でも不用品の処分にかける費用はできるだけ安くしたいですよね。高い方がいいという方はまずいないと思います。そこで不用品回収をお得に利用する上で、まずは料金についてご紹介いたします。

不用品回収の業者がかかる費用は大きく分けて以下の3つになります。

[処分費用]
[人件費]
[車両等の費用]

実際の料金の計算となると、必ずしも上記項目を足しての合計金額でない業者が多数存在します。料金の出し方は各社様々と考えた方がよさそうです。費用を抑えるためには、それぞれの項目でかかる費用を抑えることがポイントになります。

費用を下げるためにできる準備
状況によって大きく変わってきますが、料金を下げるためにできる準備は下記のようになります。

・分別して袋詰めをしておくこと(梱包作業をなくす)
※分別作業や袋詰め作業が発生する場合、不用品回収業者も手間がかかりますので、そこを事前にやっておくことは安く利用する上で重要です。
・できるだけ行政のごみで出せるものは出しておくこと(不用品を減らす)
・家の外に出しておくこと(運び出す作業の手間をなくす)
・無料回収などで処理できるものを予め処理しておく

分別については、ほぼ行政(市区町村・自治体)の分別と同じようにすれば間違いないでしょう。

事前の準備で料金が下がりやすい価格帯
数点の粗大ごみや料金が2万円くらいまでの不用品であれば、電話でもある程度見積が可能であったり、オンライン見積ができる業者があるため、事前準備で料金を下げられる金額は少ないかもしれません。 2tトラック分(ワンルームの一人暮らしの家財一式程度)から2tトラック2,3台分くらいの量だとある程度時間をかければ、1人か2人でコツコツ準備することでかなり料金を下げることができる可能性もあるので、料金を下げたい方はおススメです。

業者との交渉の段階で下げられること
時間的な制約や安くするコツの作業ができない場合も交渉によって価格を安くすることは可能です。

・1社だけで決めずに、複数社の見積りを取る
ただし、業者同士同じ時間帯にすると業者によってはやる気をなくして、高い金額を出して逃げてしまうことがあるので、時間を空けて調整した方がよさそうです。
・業者の都合の良い日時に合わせるから安くしてほしいと交渉する
これについては、業者から提案があることは少ないと思いますので、こちらから積極的に交渉材料として聞いてみることが重要です。

費用が大きく下げられる例
1、ごみ屋敷になった室内の片付け
ゴミが積もっていてどうしようもない状態になっている場合に、全ての作業を業者に依頼するとかなりの金額になることがあります。そういった時に、人手を集めて何とか袋詰めをしておくことで、費用が抑えられる可能性があります。ただし、分別もしないで袋詰めをした場合、処理費用が高くなる可能性もあります。

2、遺品整理で室内の不要な物のみ処理
遺品を整理を依頼する際に、業者に必要なものを伝えて、選別してもらう作業を依頼するとその分費用がかかります。細かな選別サービスに対応してもらえる業者がある一方、その分費用もかかります。
写真やアルバム、貴重品、宝飾品、証券等の残したいものを予め取り除いておくことで、作業の手間を減らし、費用を抑えることができる可能性があります。

やはり一番は相見積(複数社見積)
ゴミナビでは、最も時間をかけずに、最安値の業者を探せる可能性が高い「一括見積」をご提供しております。この見積はわざわざ業者に相見積ということを伝える必要もなく、業者も価格とサービスの競争で勝負できる業者しか参加しておりません。もし、安く不用品回収をしたいということでしたら、ぜひお試しください。

信用のおける不用品回収業者に依頼するには!?

不用品回収業者は、年々その需要が増え、それに伴い、業者も増えています。しかしながら、数多くの業者から良い不用品回収業者を選ぶのは至難の業で、何を信用していいのやら、非常に頭を悩ますのも事実であります。そこでひとつアドバイスをするとしたら、下記のような不用品回収業者の見極め方法もあるので参考にしたいものであります。

また、どうしてもわからない方は、あくまでも目安ですが、比較サイトと言うのもあるので、ぜひ参考にしたものです。

↓ ↓ ↓

比較サイト

2分でわかる!不用品回収業者について

不用品回収業者ってなに?
不用品や粗大ごみの回収は自治体で処分することができますが、不用品回収業者は全国に数千社いると言われています。ではなぜ民間の不用品回収業者がいるのでしょうか?不用品回収という民間サービスがあるのは、行政が住民に対して必要なサービスを行っていないからだと考えられます。例えば、引越しの際にまとめて不要なものを処分したいとしても、このゴミは月曜日、このゴミは金曜日といった具合に曜日が決められていることでタイミングが合わない、粗大ごみ回収は回収に来るのが遅い、単純に捨てるのが面倒など様々なケースがあります。それらのニーズにこたえているのが不用品回収業者です。
利用者の傾向としては、量が多い、急いでいる、分別がよくわからない、散かっているなどのケースが多いようです。
どんなケースでユーザーは不用品回収を利用しているんでしょうか?
いくら不用品回収業者が取りに来てくれるからといって、普段ゴミ集積所にだしているゴミをわざわざ業者を呼んで出す人はほぼいません。当然お金がかかるからです。実際に利用しているケースとしては、以下のようなものがあるようです。

・引っ越しの際に要らなくなったものをまとめて処分したい
・新しい家具などを買ったので古いものを処分したい
・物が置いてあった部屋を使う必要がでて処分したい
・物件を売却する際に中のものを処分したい
・ごみ屋敷状態になってしまったのを片付ける必要があるために処分したい
・遺品を整理したいのでまとめて処分したい

回収料金の仕組み
不用品回収は民間の会社が行っているサービスですが、料金は大きく分けて3パターンあります。

①基本料金+処分物の料金+オプション
②定額パック
③処分単価のみの料金(重量・体積・1点ごとの料金)

①の料金体系が最も多く、②が次に多い料金体系です。③は少数の業者だと思われます。①については、料金の価格設定があるために内訳などを提示する業者が多いようです。②については、料金が決まっているためシンプルですが、状況によって必ず安いといえるわけではありません。③は最もざっくりした料金の出し方で、単価と数量が明確でないケースなどもあるようです。中には、オンライン見積ができる業者もありますので、数点の処分物であれば、自動見積で料金を確認するのも良いかと思います。

即日対応や日時指定は業者によって違う?
即日対応については、業者による差はほとんどありません。業者によって違いがあるとすれば、本業が別にある業者(解体業、運送業、リフォーム会社など)はそちらでの仕事を優先するため、即日対応ができないケースなどもありますが、対応できないという点で言えば、専門業者も同じです。結局のところ、業者の仕事の状況によって、当日対応出来たり、できなかったりといった具合で、大きな差はないようです。日時指定は、各業者の方針によって、時間の幅を大きくとる業者や朝一番であれば、時間を決められる業者、個別に対応する業者など対応は様々です。

賠償責任保険付の業者がいいの?
業者によっては、賠償責任保険に加入しているというところもあります。金額は最大2,000万円~5,000万円程度が多いようです。この保険は業者が作業中に建物の破損、物品の破損等をした場合に補償をするというものです。トラブルがないにこしたことはありませんが、何かの作業をする場合は絶対にないとは言えないので、安心材料の一つといえます。中には保険に加入しているとしていながら、明らかに業者による破損などのトラブルが起きても責任を認めないという業者があるようですので、保険の有無よりも業者が信頼できそうかということが重要とも言えます。建物の破損などについては、保険で対応ができると思いますが、金品・物品の紛失などについては、保険の範囲で対応できるか微妙なので、心配があれば業者に確認すると良いと思います。

プライバシーなどの問題は?
不用品や粗大ごみの中にはプライバシー情報を含むものがある場合があります。例えばPCを処分する場合や個人の情報を含む紙類、郵便物などが代表的なものです。これらの情報が漏えいして大きなトラブルになったという話はあまりないようですが、どこにどう情報が流れるかわからない不安はありますので、そういったプライバシーを含む処分物を依頼する際は信頼できそうな業者を選ぶことが重要です。行政だから安心、民間だから危ないということではありません。(以前某自治体の清掃局の人がゴミからお金を探し出して、自分のものにしていたということがありました。お金ですらできてしまうので、個人情報なども安心はできません。)中にはプライバシーマークなどを取得しているところもありますので、一つの選考基準にしても良いかもしれません。

処分物はどうなるの?
回収した物品は自社で倉庫をもっていてそこで分別をする業者とそのまま処分場に直接運ぶ業者があります。分別を行う業者の場合は、有価物(リユースやリサイクルで売却ができるもの)と処分物を分けます。業者によっては、袋詰めしたものを再度分別のために開けて分けるほど徹底して分別をするところもあるようです。
有価物については、売却します。処分物については、多くは廃棄物処理場に持ち込まれ、埋め立てや焼却などの処理になります。

不用品回収業者を使うメリット
民間の不用品回収業者を使うと以下のようなメリット・デメリットがあります。

[メリット]
・対応が早い
・室内まで取りに来てくれる
・袋詰めをしていなくても対応してくれる
・必要な物、不要な物の選別作業をやってくれる

[デメリット]
・料金が高い(行政の3~5倍程度)

基本的には「便利だけど費用がかかる」というのが不用品回収業者です。中には例外として、自治体でも処理にお金がかかる一部の電化製品やリサイクル家電を無料で引き取る業者もありますが、無料で回収するのは売却ができそうなものだけですので、なんでも無料とは考えない方が良いでしょう。

特殊清掃は過酷です

悲しいかな特殊清掃を開始するケースだと、ご遺族やご一家の方に目を向けると、そうでなくても不測の訃報に驚かれ、精神と体が疲れていらっしゃるのが本当のところです。例えば孤独死や自殺などで命を落とされた場合、普通ですと遺体は警察で引きとって頂けますが、不思議なことに故人の部屋に残された腐敗臭、異臭、ハエ等の害虫をご遺族、ご遺族が処理することが求められるのです。腐敗した遺体が残したものは我が目を疑う光景です。ハエが飛び回り、蛆が多量に発生します。ご遺体からでた体液、遺体から放つ悪臭は、普通の人では耐えられません。なぜこのような過酷な現場の後片付けをしなくてはいけないシステムなのか解りませんが、しなくてはいけない仕組みになっています。そんな状態なので、ご遺族やご家族の方が自分で作業してあげたい気持ちはあっても現実的ではないのです。ですから、ご遺族の方は、穏やかに故人の思い出話など行なっていただいて、過酷な作業は特殊清掃専門業者に任せるのが楽です。故人、ご遺族、ご家族の方の悲しみを僅かでも和らぐ事が出来る様に意識を向けています。

廃棄物 回収サービス

便利屋さんで依頼するケース

倉庫に眠ってるスキューバーダイビングのタンク・卓球台・バスケットボール・バレーボール・アイスホッケーの用具・学生時代のスポーツ用具を全て、処分したい場合は、どうしたらいいのか、ずっと悩んでいました。不用品処分を出来るサービスがあると知って、便利屋さんの連絡し、片づけてもらうことにしました。結構、てきぱきとしてくれて、リーズナブルな値段でしてもらって助かりました。